06:47 2019年12月09日
ハクトウワシ

北米の鳥 半世紀で30億羽も減少=研究【動画】

© AP Photo / Gerry Broome
テック&サイエンス
短縮 URL
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (180)
0 10
でフォローする

1970年以降、北米では鳥の個体数が30億羽減少したことが米国とカナダの合同チームの調査で明らかになった。調査によれば、姿を消したうちの29%は身近にいる鳥類だった。調査結果が米学術誌「サイエンス」で発表されている。

合同調査チームが、数十の鳥類学会が長年にわたって収集した529種の鳥についてのデータを分析したところ、過去半世紀で北米の野生に生息する鳥の個体数がほぼ3分の1も減少していたことが分かった。しかも姿を消した個体数の90%はスズメやツバメなど最も身近にいる鳥類だった。

大規模な生態系は身近な鳥類なしでは正常に機能しないことから、長期的視点に立った場合、身近な鳥類の消滅は希少種よりも危険度の高い現象とされている。

研究チームは減少の具体的な理由を故意に特定してはいないものの、これだけ大規模な減少が起きたということ自体、都市化、環境汚染、農地の拡大、農薬の使用、沿岸生態系の破壊の結果、エコサイクルが壊された結果だと考察している。

関連記事

トピック
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (180)
タグ
自然, 動物, 研究
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント