15:09 2020年05月25日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

ロシアのS7 Spaceは海上発射ロケット打上げシステム「シーローンチ」を米国から極東に移す方針。インターファックス通信が同社広報をもとに報じている。

S7 Spaceによると同システム移動は米国国務省の承認を得たという。

極東への移動は2020年に行われる。

移動後、「シーローンチ」は北朝鮮国境から80kmのスラヴャンカ港に一時的に拠点を置く。

S7 Spaceは2016年にシーローンチを買収。海上発射システムにより赤道からロケットを発射でき、地球の自転を最大限効率よく使用することができる。

関連記事

NASA 船外活動中の宇宙服の不具合を発表

タグ
米国, 宇宙, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント