19:00 2020年08月07日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30
でフォローする

米自動車メーカー「フォード」と米ファストフードの「マクドナルド」社は、コーヒーかすを自動車部品の生産に利用することで合意した。「フォード」の関係者らは、コーヒーかすを自動車生産に利用することは、気候変動と戦う同社の取り組みに貢献するだろうと述べた。

この合意によって2020年からフォードはマクドナルドのチェーン店から廃棄されるコーヒーかすを回収し、有用な原料に加工して、自動車部品や予備用の部品を製造することが決められた。米技術系ニュースサイト「ザ・ヴァージ」が報じている。

フォードは、コーヒーかすを原料にした部品を使うことで平均で20%の車体の軽量化ができるとふんでいる。

「ザ・ヴァージ」は今回の合意成立ついて、米国で排気ガス削減と電気自動車の生産拡大の動きが高まっていることが背景にあると指摘している。現在、二酸化炭素全排出量はその4分の1以上が車などの運輸部門から発生している。

フォードは世界4大自動車メーカーの一つであり、現代社会の要求に送れることのないように最善を尽くしている。これまで同社は、新型車の燃費を向上させ、2026年までに同社の生産部門からの二酸化炭素排出量を削減すると約束している。

タグ
自然, 環境, 自動車
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント