17:36 2020年01月26日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

8月に国際宇宙ステーション(ISS)のミッションに同行したロシア産人型ロボット「フョードル」に代わりが見つかった。ロボット「アルチョーム」(ARTEM, Automatic Research and Testing Machine)が後継となる。

ロシア国営宇宙開発企業「ロスコスモス」にはフョードルを2021年まで使用する計画があったが(宇宙船フェデレーションで打ち上げる予定だった)、フョードルのキャリアは1回のミッション終了後の2019年9月と、かなり早い段階で切り上げとなった。

フョードルを乗せた宇宙船と国際宇宙ステーションのドッキングは2回目の試みで成功したが、フョードルの地球帰還後に「ロスコスモス」社は「このロボットは今後どこにも飛ぶことはない」と発表していた。

今後のミッションにはフョードルの「子ども」、つまりフョードルプラットフォームのロボットが参加する。

フョードルは救助ロボットとして開発され、非常事態省で救助補助にあたる予定だった。そのためフョードルはかなり自由な動きができるように作られている。「フョードルは四つん這いができる唯一のヒューマノイドロボット」が確認されていた。

フョードルは更に、開脚で座り、両手射撃ができる。この機能は宇宙用に転換された後に習得した。

タグ
宇宙, ロボット, 軍事, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント