08:36 2020年04月06日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

技術的問題によりISS(国際宇宙ステーション)とドッキングできなかった米国新型宇宙船「スターライナー」が米国ニューメキシコ州に着陸した。地上にはマネキン人形を積んだカプセルが帰還した。

開発を手掛けたボーイング社は、スターライナーはISSドッキングという重要な目標は達成できなかったものの、プロジェクト関係者は地球帰還により重要なフライト情報を得ることができるとコメントしている。特に機材不具合の原因解明に期待しているという。

スターライナーは12月20日に宇宙に打ち上げられた。しかし数時間後に予定軌道に到達することができないと判明した。フライト時間の計算システムに不具合が起こったためという。そのためISS到達には推進剤(燃料)不足となった。NASAはドッキング予定を断念し地球帰還をすることを発表した。

タグ
米国, ISS, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント