20:50 2020年07月05日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 80
でフォローする

ロシアの睡眠学の医師であるアレーナ・ガヴリロワ氏は、どのような習慣が人々の睡眠導入の障害となるかについて語った。

同氏によれば、もっとも有害な習慣は、睡眠前のガジェットの使用とテレビをつけたままにすることだという。光の点滅は睡眠導入を邪魔するメラトニンの生成に影響を及ぼす。

ガヴリロワ医師は、ストレスホルモンの放出が睡眠導入を困難にするため、激しいアクション映画を睡眠前に観ることを推奨していない。

また、ガヴリロワ医師によれば、食事は睡眠前には摂らないほうがいいが、しかし、空腹な状態も好ましくないという。また、同医師は理想的な食事は低カロリーの軽食だと指摘した。

コーヒー濃いお茶の摂取も控える必要があるという。 

さらに、強い身体的負荷は睡眠に否定的な影響を及ぼす。ガヴリロワ医師によれば、少なくとも睡眠前の4、5時間にはジムに行く必要はないという。一方、新鮮な空気の中での短い散歩は反対に睡眠にとって有益となる。


健康的なライフスタイルと長寿に関する他の記事は、スプートニクの特別コーナーでご覧いただけます。

タグ
健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント