12:01 2020年04月01日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 139
でフォローする

米カリフォルニア州サンマルコスの独立ラボRF Exposure Labが、保護ケースメーカーPenumbra Brandsの依頼で実施した無線周波放射線に関するApple のスマートフォンiPhone 11 Proの調査では、米連邦通信委員会(FCC)の許容値を上回っていることが示された。サイトiPhoneHacksが報じた。

テストはどのように行われたのか?

テストは、FCCのガイドラインに従って実施された。人間の組織を模擬実験するためにつくられたマネキンから5 mm離れた電話が使用された。デバイスがポケットに入っているなど、さらに近くにある場合、放射線量はさらに大きくなる可能性がある。専門家らによると、iPhone 11 Proの比吸収率(SAR:Specific Absorption Rate)は3.8 W / kg。なおFCCが認可できるのは、1.6 W / kg未満のガジェットのみ。

サンプルと販売商品の違い

Penumbra Brandsのプレスリリースでは、小売店で購入したiPhone 11 Proの独立したSARテストの結果は、大量販売の開始承認を受けるために規制当局に提供された販売前のサンプルのテスト結果とは根本的に異なることが指摘されている。

自分のスマートフォンを恐れずに暮らす方法とは?

専門家らは、スマートフォンやその他のモバイル機器からの放射線レベルを下げるために、可能な限りデバイスの使用を制限することを勧めている。たとえばポケットに入れるなど、体に直接近づけないようにしたり、電話をかけるときにはスピーカーフォンやヘッドセットを使用したり、デバイスを近くに置いて寝るのをやめたり、可能な時にはいつでも機内モードに切り替えることだ。

関連記事

タグ
テクノ, びっくり, iPhone
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント