07:26 2020年03月30日
テック&サイエンス
短縮 URL
1100
でフォローする

フランス当局は、米Apple社がiOSソフトウェアのアップデートによりiPhone 6、iPhone SE、iPhone 7の動作速度が遅くなる可能性があることをユーザーに通知しなかったため、Appleに2500万ユーロの罰金を科した。

フランスの捜査当局は2018年1月5日、2017年にリリースされたソフトウェアのアップデートにより、特に電池が老朽化したiPhoneの動作が遅くなる可能性についてユーザーに通知されなかったため、Appleに対する調査を開始した。

ソフトウェアを旧バージョンに戻すことができなかったため、多くのユーザーは電池を交換したり、新しいiPhoneを購入することになった。

フランスの競争・消費・詐欺防止総局はホームページで「同局の捜査の結果およびパリ検察との合意により、Appleグループは2500万ユーロの罰金を支払うことに同意した」と発表した。

関連ニュース

Google 社員が音声コマンドを盗聴の事実、認める

タグ
Apple, テクノ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント