19:44 2020年05月29日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 21
でフォローする

Face IDを利用するiPhoneユーザーは、この機能が正確に機能するのは、顔全体が何も覆われていない場合のみだと知っている。つまり、顔の半分がマスクに覆われていることが多い今の状況ではうまく機能しない。Apple製品のニュース専門サイト「9to5Mac」は、iPhoneユーザーにこの問題は簡単に解決できると伝えている。

Face IDとはAppleが開発した顔認証システム。Face IDの対応モデルはiPhone X, XS, XS Max, XR, 11, 11 Pro, 11 Pro Maxの他に、iPad Proの 11インチと12.9インチ。

マスクした状態でiPhoneに顔認証をさせるためには、「もう一つの容姿をセットアップ」での設定をまず行う必要がある。この機能は、頻繁に眼鏡や帽子を被る人向けの特別な機能だが、重要なのは、今我々はマスクを日々着用して生活していることだ。


「もう一つの容姿をセットアップ」の設定方法

「設定」から「Face IDとパスコード」をタップ、画面を下にスクロールし「もう一つの容姿をセットアップ」を選択する。そして、マスクを顔につけたままの状態でスキャンを実行する。

この方法で、マスクをかけた状態でFace IDのロック解除を何度か試してみてください。もしうまくいけば、これでよし!

しかし、ロック解除がうまくいかなかったり、エラーが出てしまったら?その場合、以下の専門家らのアドバイスを試してみてください。

米ウォール・ストリート・ジャーナルがTencent’s Xuanwu Labの専門家らのアドバイスを引用し、報じているところによると、顔の片側を半分に折り畳んだマスクで覆った状態で設定すると、Face IDのロック解除はより高確率でできるようになる。

この方法では、「もう一つの容姿をセットアップ」を2種類設定する。つまり、半分に折り畳んだマスクをまず顔の右半分で、次は左半分で計2回スキャンする。

専門家らはロック解除が100%成功するとは保証していないが、iPhoneで何度か設定をしてみることで、iPhoneが以前よりもユーザーの顔を認識できるようになるという。


関連記事

タグ
iPhone
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント