10:41 2020年12月03日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 60
でフォローする

中国メーカー「Xiaomi」(シャオミ)のスマートフォン「Mi 10 Pro」が最も処理性能が優れたスマホに選ばれ、Xiaomiは4月、韓国の「Samsung」(サムスン)を抜いた。デバイス(ベンチマーク)のパフォーマンスをテストするためのプログラムAnTuTuのサイトに掲載された今年4月の報告書の中で述べられている。

シャオミのスマートフォン「Mi 10 Pro」は、AnTuTuのパフォーマンステストで59万3000点を獲得した。

2位は中国OnePlus(ワンプラス)の「OnePlus 8 Pro」で58万2000点。

3位はシャオミの「Mi 10」で5万8000点だった。

上位10位にはサムスンと台湾のASUS(エイスース)の旗艦スマホも入った。サムスンからは最多の4機がランクインした。

AnTuTuは、シャオミは3月第1位だったサムスンの優位性を奪ったと指摘した。またAnTuTuは、シャオミのスマートフォンのパフォーマンスは最高レベルに達したと伝えた。

シャオミの「Mi 10」シリーズは2月中旬に発表された。上位モデル「Mi 10 Pro」は90Hzの6.67インチAMOLEDディスプレイやSnapdragon 865を搭載し、最大 メモリは12GB、ストレージは256GBで、価格は約12万円。

関連記事

タグ
テクノ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント