18:04 2020年08月10日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 21
でフォローする

米スペースX社の新型宇宙船「クルードラゴン」はNASA宇宙飛行士2名を載せて8月1日に国際宇宙ステーション(ISS)を離れる。地球への帰還は、天候が許せば8月2日を予定しているという。ジェームズ・ブランデンスタインNASA長官が17日(金)に発表した。

クルードラゴンは5月末に初の有人飛行として打ち上げられ、ダグ・ハーリー飛行士とロバート・ベンケン飛行士を軌道に届けた。米国単独の有人飛行は2011年ぶり。今回のミッションは軌道上のクルーをフルメンバーにするため約3カ月続く可能性があると言われていた。

スペースX社の技術上、飛行士を載せたクルードラゴンのカプセルは海面に着水することになっている。そのため緊急着陸などを考慮し、打上げ時と同様、地球への帰還時の天候条件は極めて重要な意味をもつ。

関連ニュース

タグ
宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント