15:41 2020年08月11日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 60
でフォローする

国際的な学者チームは、数十億年前に地球の外殻が熱くなり、地球が膨張、分裂したという仮説の証拠を発見した。学術雑誌ネイチャー コミュニケーションズに掲載された記事で、大陸が出現した謎の解明について報告されている。

学者らは、3次元球殻モデルを使用して地質構造上のプレートの形成メカニズムを再現した。そして、火山が地球の表面で熱い岩石を噴出し、そこで岩石が冷え、その後の地中からの熱の放出を遅らせたことがわかった。

岩石圏の冷却と熱の蓄積の結果、地殻は水平方向に拡張し、分裂、プレートが出現した。これには約500万年かかったという。

一方、学者たちは、当時、地球で何が起こったのかを完全に理解するにはまだほど遠いと指摘している。

関連ニュース

タグ
歴史, 研究
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント