06:09 2020年12月02日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 51
でフォローする

ロシアメディアが地対空ミサイルコンプレックス「パーンツィリ-ME」の海上対応実験の動画をユーチューブで公開した。同システムに対して、ウクライナとトルコは合同で無人戦闘機「バイラクタルTB2」の生産を志向している。

「パーンツィリ-ME」のスタートエンジンは作動2秒で、秒速1300メートルのスピードに加速する。

動画では、ミサイルはすでに10キロではなく、20キロまで飛翔し、それらを打ち落とすことは現実的に不可能」と解説する。

このコンプレックスの操縦のため職員は特別なシュミレーション訓練を3ヶ月受けている。

関連ニュース

タグ
武器・兵器, ロシア軍, 軍事
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント