08:29 2020年09月26日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 32
でフォローする

米航空宇宙局(NASA)の情報によると、潜在的に危険な小惑星が8月6日、地球に接近する。

サッカー場よりも大きな小惑星「2009 PQ1」の直径は84〜190メートル。8月6日午前2時35分に、「2009 PQ1」は地球から約1130万キロの距離を通過する。

小惑星「2009 PQ1」は2009年に発見された。

以前、NASAケプラー望遠鏡のアーカイブデータをチェックした研究チームが、地球に最も似た太陽系外惑星を発見したと伝えられていた。

ロシアの地対空ミサイル・システムS-500「プロメテーイ」について、独ニュース雑誌「フォークス」は小惑星他、天体から地球を防御する手段として用いることが可能であり、西側が保有する類似システムを15年から20年先を行くものと報じていた。

タグ
NASA, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント