13:27 2020年09月20日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 50
でフォローする

アメリカ化学会の専門家らが、最も有益で美味しいチョコレートの製法を発表した。17日、サイトPhys.orgに研究が掲載された。

世界で最も人気があるのはミルクチョコレート。チョコレート好きはミルクチョコレートの味を高く評価している。だが体への有益性という観点からは、ビターなダークチョコレートが1位となる。抗酸化物質、フェノール化合物、有用な微量元素を多く含んでいるからだ。

研究の結果、専門家たちはピーナッツの皮を加えたミルクチョコレートをつくることで美味さと有益さを組み合わせる方法を見つけた。

ピーナッツを加工する際にはその赤い薄皮を使用しないことが多いが、実はこの薄皮には抗酸化物質の供給源であるフェノール性化合物が15%含まれている。

またピーナッツの薄皮以外にもチョコレートを有益にする食品廃棄物があるという。

学者たちは現在、コーヒーかすと茶葉のフェノール性化合物の研究も行っている。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント