07:02 2020年10月22日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 50
でフォローする

中国航天科技集団有限公司(CASC)は4日、中国が再利用可能な宇宙船の試作機の打ち上げに成功したと発表した。

4日、内モンゴル自治区の酒泉衛星発射センターから有人軌道ローンチ・ヴィーグル「長征2号F」が打ち上げられた。

​試作機は地球をしばらく周回した後帰還するという。

CASCは「飛行中にこの試作機の再利用可能技術の検証を行う。試作機は、宇宙の平和的探査を技術面で支援するように設計されている」と発表している。

長征2号Fの打ち上げミッションは今回で14回目。今回の打ち上げに関するそれ以外の詳細は報告されていない。

関連記事

タグ
中国, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント