09:32 2020年09月26日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 61
でフォローする

英国 のNew Economics Foundationの研究者ダンカン・マッケン氏は、Alphabet Inc.傘下のGoogleへの訴訟を英国最高裁判所に提起し、同社がユーチューブのプラットフォームで児童(13歳以下)の個人情報を違法に収集したとして非難し、総額20億ポンド(約2725億円)の賠償を請求した。

プレスリリースでマッケン氏は、500万人超の児童とその両親の利益を代表することを表明し、同氏自身も3人の子どもの父親であると強調した。

マッケン氏は、動画サービスのGoogleは、英国の情報保護法と欧州連合(EU)の一般データ保護規則を含めた個人情報に関する法律に違反したと主張する。

同氏によれば、Googleは実質的な年齢要件を有しておらず、児童の利用を制限する然るべき術を実施していない。

テクノロジー分野での人権遵守を主張する人権擁護団体Foxgloveが訴訟に賛同し、Googleは広告目的に児童情報を活用していると表明した。

サイト「マーケットウォッチ」によれば、ユーチューブの代表はコメントを拒否したが、しかし、プラットフォームは13歳以下の子どものためのものではないと強調したという。

以前、メディアは、ユーチューブがTikTokに類似したサービスをリリースすると報じた。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント