09:22 2020年10月25日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 02
でフォローする

王立カナダ騎馬警察は、テスラ社の電気自動車「Model S」のドライバーに罰金を課した。同ドライバーは自動運転機能に切り替え、時速150キロで走行中に居眠りをしていた。同警察がサイトで公表した。

事件はアルバータ州で起こった。警察は電気自動車が明らかに速度超過で走行している情報を入手。追跡が開始されたが、しかし、テスラ社の車は急激にスピードを上げ、最大で時速150キロにまで達した。しばらくの後、警察はようやく電動自動車を停車させることができた。

運転していた20歳のドライバーには罰金と1日の運転免許証の剥奪が課された。警察車両に搭載されたカメラには、自動運転中にドライバーが居眠りをしている様子が記録されていた。ドライバーシートの背もたれが倒されていることが居眠りを物語っている。

自動運転の利用ハンドブックでテスラ社は、自動運転の際には、危険が発生した際に手動運転に切り替えるため、ドライバーは道路を監視し、ハンドルを握り続ける義務があると強調している。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント