09:09 2020年10月25日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30
でフォローする

日本の自動車メーカー「マツダ」は8日、EV(電気自動車)モデルの日本国内で販売を年明けの2021年1月から開始し、ロータリーエンジン使用のマルチ電動化技術を進めて、2022年前半から順次市場投入していく。同社の丸本明社長が新型コンパクトSUV「MX-30」のオンライン発表会の中で明らかにした。

丸本社長によれば、EV車は9月に欧州で販売を開始しており、1か月間で受注台数は5200台と順調な出だしを見せている。環境基準が厳しい欧州でマツダが評価されたことの証となる。

マツダのロータリーエンジンは水素を燃料としている。ロータリーエンジン搭載車は2012年6月にフォードアスポーツカーのRX-8の生産を終了して以来、市販車から姿を消していたが、今回、その復活宣言が表された。CO2排出ゼロの発電機搭載電気自動車の出現も夢ではない。

関連記事

タグ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント