18:55 2020年12月05日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 21
でフォローする

米宇宙開発企業スペースXのイーロン・マスクCEOは、同氏が計画する火星基地について、最初の基地に最も適した場所は火星の北部だとの考えを表した。

マスク氏は、最初の火星入植者は氷がある地域を選ぶべきだとし、氷は酸素とエネルギーを生成するために加工することが可能となると指摘した。また、火星北部は宇宙船が着陸しやすいという。

2019年9月、マスク氏は、火星や月に貨物や人員を運ぶことができる再利用可能な宇宙船「スターシップ」のプロトタイプを発表した。マスク氏は、最大100人搭乗できる「スターシップ」は火星入植の基盤になる可能性があると述べた。

関連ニュース

タグ
宇宙, イーロン・マスク, 火星
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント