09:44 2020年11月25日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40
でフォローする

睡眠時間は心不全から命を守るために非常に重要であると、米テュレーン大の研究者らが断言している。最も健康的な睡眠時間で寝ている人たちは、そうでない人々と比べて心不全の発症リスクが42%低いという。この研究結果は、学術誌「循環」で発表されている。

研究者らは今回、37〜73歳の英国のバイオバンクの参加者40万8802人のデータを収集。これらの参加者に対し、平均して10年間の健康状態を調査した。この間、参加者からは5221件の心不全の症例が報告されていた。

  研究者らが参加者の睡眠の質と時間を分析したところ、心不全を発症した人には睡眠に問題があることが明らかになった。これらの人々の中には、不眠症やいびきに悩まされ、夜中に目が覚めることが多い人もいれば、朝起きれない人もいた。

そこで研究者らは、参加者を短い睡眠時間(1日に7時間未満)、正常な睡眠時間(7〜8時間)、長い睡眠時間(9時間以上)の3グループに分類した。その結果、正常な睡眠時間を取っているグループは、糖尿病や高血圧の発症や遺伝子異常があったとしても、心不全になるリスクが他のグループより42%低いことが分かったという。この研究は、テュレーン大学のホームページで報告されている。

関連ニュース

タグ
科学, びっくり
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント