16:53 2021年03月08日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 31
でフォローする

栄養士で食事療法専門医のエレナ・ソロマチナ氏が、ハードなトレーニングや厳しい食事制限で苦しむことなく、数カ月で余分な体重を落とす簡単なヒントを紹介した。

まずは睡眠リズムが重要。減量に影響を与える成長ホルモン(ソマトロピン)は深い睡眠段階の深夜に生成される。そのため痩せたいと思う人は23時半までに就寝するのが望ましいと医師は語る。

そのほか、食事に少し変更を加える必要があるという。消化しやすいタンパク質を取り入れ、肉は焼く代わりに茹でたものにする。脂肪の多い豚肉は鶏肉、七面鳥、魚に替える。赤身の肉を食べるのは週に最大2日にすること。新鮮な野菜やハーブ類も忘れずに。また新陳代謝を速めるにはコショウ、ニンニク、ショウガなどの香辛料を食事に加えること。炭酸飲料、菓子パン、体に悪いスナック類、ファーストフードはご法度。夕食は就寝の遅くとも3-4時間前に摂ること。

また水分の摂取も重要になる。体重1キログラムあたり少なくとも30ミリリットルを摂ること。医師は食事を1日に5回に分けること、ベリー類や野菜を間食にすることを推奨している。炭水化物は制限すること。

ソロマチナ氏は、重要なのは理想の体型を難なく獲得するために目標を設定し一貫性を保つことだと語る。

関連ニュース

タグ
ダイエット, 健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント