08:17 2021年04月15日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

今月21日、エッフェル塔よりも大きな潜在的に危険な小惑星が地球に接近する。米航空宇宙局(NASA)が発表した。

直径約440〜680メートルの小惑星2001FO32が約201万キロの距離まで地球に近づく。その地点を秒速およそ34.4キロで通過する。

先月、スタジアムサイズの小惑星が地球に接近していた。

先に、研究者らは、8年ぶりに地球に最接近した巨大な小惑星アポフィスの最接近時を利用してアポフィスの軌道パラメーターを明らかにした。

関連記事

タグ
NASA, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント