20:19 2021年04月23日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 04
でフォローする

地球温暖化による気温の上昇は、熱帯地域に住む人々の絶滅につながる恐れがある。科学誌ネイチャー・ジオサイエンスが、米プリンストン大学の気候学者の研究を引用して報じている。

同大学の研究者らが気候変動モデルを数種類調べたところ、熱帯地域の年間平均気温が1.5度上昇すると35度に達する可能性がある。研究者らは、この温度は人体が適応できる限界であると結論づけている。

研究者らは今回、発汗を考慮した上で人体の内部温度がどうなるかを示す「湿球温度計」を利用して計算を行った。また、汗などの気化による冷却効率は、空気の湿度に反比例することが分かっている。

これらを考慮した結果、北緯20度から南緯20度の間に位置する国に住む人々は、気温が35度以上の環境に耐えることができず、熱中症にかかり、将来的には絶滅する恐れがあることが今回明らかになった。


地球規模の気候変動が赤ちゃんの健康にどのように影響するかを、英国とブラジルの学者チームが明らかにした。

関連記事

タグ
気候変動, 地球温暖化
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント