04:46 2021年05月18日
テック&サイエンス
短縮 URL
認知症とアルツハイマー病 老年期に起こる脳の主な問題とは? (17)
0 60
でフォローする

砂糖やトランス脂肪酸を過剰摂取すると、アルツハイマー病を発症する恐れがある。モスクワ市保健局の主任栄養士アントニナ・スタロドゥボワ氏が、スプートニクに語っている。

同氏によると、人間の精神的な健康を守るには健康的な食事が重要だという。

砂糖やトランス脂肪酸の過剰接種などで食生活が乱れると、体内で慢性的な炎症プロセスが進行し、加齢に伴う記憶力の低下や『記憶喪失』を発症するリスクが高まる」

スタロドゥボワ氏によると、糖分やトランス脂肪酸を制限した最高な食事は、これらのリスクを軽減する。また、新鮮な旬のベリー類、果物には、認知症やアルツハイマー病の発症リスクを軽減するのに有効な抗酸化物質やフラボノイドが含まれている。

また同氏は、「脂身の多い魚やナッツに含まれる多価不飽和脂肪酸は、認知障害のリスクを低減できる可能性がある」と述べている。

関連記事

トピック
認知症とアルツハイマー病 老年期に起こる脳の主な問題とは? (17)
タグ
健康, 食品
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント