20:54 2021年06月13日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 50
でフォローする

中国のHuawei社は、独自のオペレーションシステムHarmonyOS2の世界的なリリースを発表した。このシステムは同メーカーのデバイスでAndroidと置き換えらることになる。

Huawei社のプレゼンテーションで「Super Device system」モードのデモンストレーションが行なわれた。このシステムは、追加アプリの設定なしにさまざまなガジェットを1つのネットワークに統一する。システムの操作はスマートホンまたはタブレットから行なうことが可能。

外見的には、スマートホンとタブレットのインタフェースは、今のところAndroidをベースとしたEMUIのシェルと大差はないが、最新のEMUIバージョンよりも機能はスムーズとなる。

同様にHuawei社は、HarmonyOSを備えた初のデバイスをリリースした。これらはテレビ「Huawei Vision S」やタブレット「Huawei MatePad Pro」、スマートウォッチ「Huawei Watch 3」および「Watch 3 Pro」となる。

関連ニュース

タグ
中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント