06:33 2021年06月16日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

米航空宇宙局(NASA)のジェット推進研究所(JPL)は8日、ツイッターで、火星ヘリコプター「インジェニュイティ(Ingenuity)」が、7回目の飛行に成功し、写真を撮影したと発表した。

飛行時間は、62.8秒だった。インジェニュイティは火星の表面を南に106キロ飛行し、新しい場所に着陸した。飛行中にインジェニュイティのカメラが白黒写真を撮影した。

​5月27日、6回目の飛行でインジェニュイティに技術的な不具合が発生したことが分かったが、最終的にインジェニュイティはこの異常を乗り越えた。

インジェニュイティは2月、火星探査車「パーサヴィアランス(Perseverance )」に搭載されて火星に送り込まれた。

NASAは、ヘリコプターのインジェニュイティを使って、6輪のパーサヴィアランスには到達できない領域の研究や、惑星表面の3Dマップの作成、また他の科学的課題を解決する計画。

このようなドローンは、遠い過去に存在した可能性のある生命の痕跡を見つけることができるかもしれない火星の洞窟に、遠隔操作で侵入できると考えられている。

関連ニュース

タグ
火星
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント