20:57 2021年07月24日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 02
でフォローする

米アップルが2022年に発売するiPhoneの全シリーズに第5世代移動通信システム「5G」の技術が搭載される。Nikkei Asiaが事情に通じた消息筋を引用して報じている。

消息筋によると、アップルは来年、4G対応の新モデルを発表せず、その代わりにiPhoneの一番安い機種iPhone SEの5G対応バージョンの販売を開始する。

Nikkei Asiaは、5G対応の低価格のiPhoneについて、2022年前半に市場に出る予定だと報じている。消息筋によると、このiPhoneには今年のiPhoneプレミアムモデルで使用されるのと同じアップル独自の「A15」プロセッサが搭載される。5Gへは、クアルコムの「X60」モデムを介して接続されるという。

消息筋によると、アップルの低価格の5G iPhoneは、これまでのSEモデルと同様にiPhone 8の新バージョンのような外観となり、改良された有機ELディスプレイ(OLED)ではなく、4.7インチの液晶ディスプレイ(LCD)が搭載される。Nikkei Asiaは、アップルは昨年発売した初の5G対応のiPhone12シリーズにのみOLEDを使用したと指摘している。

また消息筋によると、小型化されたiPhoneは人気を獲得しなかったため、アップルは来年、iPhone Miniの新バージョンを発表しない予定。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント