17:15 2021年09月20日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10
でフォローする

チョコレートを頻繁に摂取すると、心血管疾患、特定の種類の腫瘍、糖尿病のリスクが大幅に高まる。英タブロイド紙デイリー・エクスプレスが、英国心臓基金(BHF)を引用して報じた。

専門家らによると、チョコレートの危険性は、砂糖や飽和脂肪酸が多く含まれていることにある。

悪影響を回避するためには、1日の摂取量を56グラム以下にし、カカオの含有量が高く、有害な成分の割合が最小限のチョコレートを選ぶことが勧められている。

一方、チョコレートには健康効果もあると指摘されている。先にベイラー医科大学の研究者らは、チョコレートがヒトの心臓血管系の機能を改善できるとの結論に達した。研究者たちは、チョコレートを少なくとも週に1回食べた人は、他の人よりも冠状動脈性心疾患のリスクが8%低いことを明かにした。

関連ニュース

タグ
健康, 病気
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント