20:59 2021年09月21日
テック&サイエンス
短縮 URL
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (165)
0 15
でフォローする

世界的な金融機関がアジアの石炭企業の閉鎖と買収することで温暖化から地球を救済する計画を立案した。英国の保険会社「プルデンシャル」がイニシアチブを発揮した。BBCが報じた。

計画では、大規模な人為的な炭素排出源をなくすことを目的とした措置が提起された。計画に基づけば、HSBCやCitiを含む大手銀行の官民パートナーシップが石炭エネルギー発電所の買収を検討し、今後数年で徐々にこれらの稼働を停止することで有害排出物の総量を減少させる。

パイロットプログラムが、11月にスコットランドで開催される国連の気候変動枠組条約締約国会議(COP26)に合わせ、インドネシアやフィリピンまたはベトナムで開始される予定。

石炭会社の所有者に企業を売却するよう説得すること、また、操業停止後の発電所の清算計画を立てることが求められるということがプロジェクトの問題点となっている。また、環境を汚染するこうした設備による電気エネルギーの生産が、世界的な温室効果ガス排出量の5分の1を占めている。

関連ニュース

トピック
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (165)
タグ
英国, 地球温暖化, 国連, 気候変動
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント