02:47 2021年09月26日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10
でフォローする

マサチューセッツ工科大学の研究チームが行った研究の結果、毎日7000歩を歩くことで何らかの原因で死亡するリスクが低下することがわかった。JAMA Network Open誌に研究結果が掲載された。

実験は2005年から2006年に実施され、38歳から50歳までの男女2000人超が参加した。参加者たちは1年を通して腰に歩数計を装着し、歩数を測定した。研究者チームは、2018年までに参加者の死亡データを収集し、分析した。

結果、1日に少なくとも7000歩を歩いていた人たちの何らかの原因による死亡リスクは、歩数が少なかった人たちよりも50〜70%低いことがわかった。

なお、研究チームは、死亡リスクに影響を与えたのは歩数であり、歩行の激しさではないと結論づけた。

関連ニュース

タグ
健康, 研究
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント