17:56 2019年11月19日
大坂なおみ

女子テニス大坂なおみ選手、今季2度目のコーチ契約解消「変化を求めるなら今」

© AP Photo / Dita Alangkara
スポーツ
短縮 URL
0 02
でフォローする

女子テニスの大坂なおみ選手は、コーチのジャーメイン・ジェンキンス氏との契約を解消したと発表した。大坂選手にとってコーチと袂を分かつのは今季2回目となる。AFP=時事が伝えた。

大坂選手は1月の全豪オープンテニスで優勝後、ジェンキンス氏をコーチに迎えていたが、東レ・パンパシフィックオープンの開幕を前に関係解消を明かした。

大坂選手は自身のツイッターに、「私とジェイ(ジェンキンス氏)は今後、一緒に活動しない」「一緒に過ごした時間と、コート内外で学んだことに感謝の気持ちでいっぱいだが、変化を求めるなら今だと感じている。すべての感謝している。最高に楽しかった」と投稿した。

大坂選手は昨年の全米オープンテニス、そして全豪オープンと四大大会(グランドスラム)で連勝したが、今年初め、その躍進を支えたサーシャ・バイン氏とのコーチ契約を電撃的に解消してテニス界を驚かせた。

全豪後の大坂選手は不安定な結果が続いており、全仏オープンテニスでは3回戦でカテリーナ・シニアコバ選手(チェコ)に敗れ、ウィンブルドン選手権ではユリア・プチンツェワ選手(カザフスタン)にまさかの1回戦負け。続く全米オープンでは4回戦で辺リンダ・ベンチッチ選手(スイス)に敗北を喫した。

グランドスラム以外でも振るわず、最新の世界ランキングでは1位から4位に順位を落としている。

関連記事

タグ
スポーツ, テニス, 大坂なおみ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント