07:49 2020年09月27日
スポーツ
短縮 URL
ロシア・スポーツ界のドーピングスキャンダル (86)
182
でフォローする

ロシアのスポーツ省パーヴェル・コロブコフ大臣は、この数年来、ロシアは「潔白なスポーツ」のためにかつてない取り組みを実施してきたと語った。この件について同大臣が記者会見で表明した。

コロブコフ大臣は、「私たちはあらゆるシステムの改革を行い、(反ドーピングの)指導機関を新しくした」と強調した。

コロブコフ大臣は、CASへの提訴後に事態はロシアにとって有益な結果をもたらす可能性があると考えている。

WADAがロシア反ドーピング機関 に通達した決定は、21日後に発効するか、ないしはロシアがスポーツ仲裁裁判所に上告した場合、それが既決された後、発効する。


この決定は9日、スイス、ローザンヌで行われたWADA理事会の会議でとられたもの。来年夏には2020年東京五輪、パラリンピックが、また2022年には北京での冬季五輪、パラリンピックが迫っている。

関連記事

2020東京五輪には過去に反ドーピング違反となった選手は出場できない=ロシア反ドーピング機関代表

トピック
ロシア・スポーツ界のドーピングスキャンダル (86)
タグ
WADA, 制裁, ロシア, スポーツ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント