12:31 2019年12月13日
トピック
スポーツ

2020年東京オリンピック・パラリンピック

日本の首都・東京で2回目の夏季オリンピックとパラリンピックが開催されるまで残すところ約1年。

オリンピックは2020年7月24日から8月9日まで、パラリンピックは8月25日から9月6日まで行われる。


東京で1回目の五輪が開催されたのは1964年。アジア初のオリンピックとなった。

1964年の東京五輪では、国別メダル獲得数でソ連が2位(金30個、銀31個、銅35個の計96個)、日本は3位(金16個、銀5個、銅8個の計29個)だった。


その後、日本では数多くの大規模な国際イベントが非常に高いレベルで開催されてきた。そのため日本では安全や技術な準備が第一に考えられている。

東京都によると、2020年のオリンピックでは33競技が実施される。うち野球・ソフトボール、空手、 スケートボード、スポーツクライミング、サーフィンの計5競技が追加種目となる。パラリンピックでは、テコンドーとバドミントンが初めて実施される。

五輪聖火リレーは2020年5月26日に福島県からスタートし、47都道府県を121日間かけて巡る。天皇陛下が開会宣言をされる見通し。


小池百合子・東京都知事によると、開催経費は東京都と大会組織委員会がそれぞれ6000億円を拠出し、日本政府も負担する。