00:21 2021年09月26日
スポーツ
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

ポルトガルのサッカー選手、クリスティアーノ・ロナウド選手が代表戦で決めたゴール数で世界記録を樹立した。

ギネス世界記録によれば、9月1日に開催された2022年ワールドカップ予選のアイルランド戦で同選手は2得点を上げ、ポルトガル代表が2対1で勝利するのに貢献した。現在、ロナウド選手の代表チームでのゴール数は111点となり、新たな記録となった。

これまでは、代表レベルで史上最高のゴールゲッターと考えられていたのは、イランのフォワード、アリ・ダエイ選手だった。1993年から2006年までに同選手はイラン代表で109得点を上げている。


ユベントスFC(イタリア・トリノ)のクリスティアーノ・ロナウド選手(36)は、イングランドのマンチェスター・シティへの移籍が近いと報道されている中、チームメイトに別れを告げた

関連ニュース

タグ
サッカー, ポルトガル, アイルランド
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント