23:52 2021年07月28日
東京2020オリンピック
短縮 URL
2020年東京オリンピック・パラリンピック (396)
0 01
でフォローする

日本政府は、新型コロナウイルス対策強化のため、インドで確認された変異株(デルタ)が流行する国や地域から訪日する五輪・パラリンピック選手に対し、出国前の7日間は毎日、感染の有無を調べるウイルス検査を求める方針を固めた。読売新聞が報じている。

現在、日本が海外選手に求めているコロナ対策では、出国前の96時間以内に2回検査、入国時の検査と入国後の毎日検査となっている。

しかし、感染力が強いデルタ株への対策を強化するため、デルタ株流行国から訪日する選手に対し、出国前の7日間はコーチや選手など「活動をともにするチーム」以外との接触禁止を求めるとともに検査を毎日行う方針に変更する。

また、この新方針には、入国後の3日間は「チーム」以外との接触禁止が追加されている。

この方針の対象国は、デルタ株が最も流行しているインド、スリランカ、ネパール、パキスタン、モルディブ、アフガニスタン。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報 をお届けしています。特設ページをご覧ください。

トピック
2020年東京オリンピック・パラリンピック (396)
タグ
五輪, 新型コロナウイルス, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント