12:12 2019年07月16日
トピック
経済

ウラジオストク自由港―極東の経済の新たな「顔」

2015年10月12日、ウラジオストク自由港に関する連邦法が施行された。同法は、ビジネスの為の特恵などの数で、ロシアの法律にとって前例のないものとなった。

ウラジオストク自由港体制は、沿海地方の15の行政区で稼動する。この壮大な法律には、行政的、税的な特恵が含まれており、投資プロジェクト実現に向けたコスト削減が保証されている。

また有望な国際輸送回廊も開かれ、シンガポールや香港のようなアジア太平洋地域の主要な中心地の中でしかるべき地位を占めるチャンスを沿海地方に与えている。

自由港プロジェクトでは、独自の歴史的経験と、優れた外国の経験が基盤となっている。

ウラジオストク自由港が21世紀の真の自由港として、新レベルの港になることに期待されている。