21:25 2019年08月25日
米国防総省

米国防総省 米国は露中と戦争する準備が整っていないと認める

© Flickr/ Andrés Feliciano
米国
短縮 URL
3173

米国は、ロシアおよび中国との潜在的な戦争に向けた準備が整っていない。ディフェンス・ニュースが、米陸軍のマーク・ミリー参謀総長の話として伝えた。

ミリー参謀総長は、米国軍は地域的な作戦や対テロ作戦を実施することはできるものの、ロシア、中国、イラン、北朝鮮などの強敵と戦う潜在的な必要性は、米国防総省の深い懸念を呼んでいると考えている。

ミリー氏によると、予算削減、テロとの戦い、イラクとアフガニスタンでの戦争を背景に、米軍の戦闘準備態勢は弱まっている。

ミリー氏は、米軍は適時に敵の行動に対応し、独自の軍事的標的に到達できないため、戦争で負ける可能性があると述べた。

関連:

米国防総省、中国には南シナ海の実効支配は可能
ウォールストリートジャーナル:米国防総省とCIAがオバマ大統領に「ロシアを妨害しよう」と呼びかけた
米国防総省 グアンタナモ収容所閉鎖計画を23日に米議会に提出する方針
米国防総省「ロシア航空宇宙軍の行動は、シリア国内の状況を変えつつある」
タグ
中国, ロシア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント