09:55 2018年11月15日
CIA長官 北朝鮮の「最後の一手」に準備

CIA長官 北朝鮮の「最後の一手」に準備

© AFP 2018 / Jim Watson
米国
短縮 URL
259

米国CIAのマイク・ポンペオ長官は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が間もなく米国の領土にミサイル攻撃を行う可能性があるとして、その事態に備える必要があると発言した。政治雑誌「ワシントン・ゼグザミナー」誌が長官の発言を引用して報じた。

スプートニク日本

ポンペオCIA長官は、北朝鮮が米国にミサイル攻撃を行う危険性はこのところ高まっていたが、「北朝鮮への国際的な圧力が欠如」しているためにさらに一層高まるだろうとの見方を示し、「最後の一手をどう防ぐかを考える他ない」と語っている。

ポンペオ長官はさらに、トランプ米大統領は北朝鮮の米国への攻撃を予防するために軍事力を行使する構えであるものの、そうした措置がいつ必要となるかはわかりにくいと強調した。

米朝の対立は米韓が有事に備え、北朝鮮への攻撃を策定する合同軍事演習を開始して以来、さらに強まっている。

なお、先に伝えられたところでは、オバマ前米政権で中央情報局(CIA)長官を務めていたジョン・ブレナン氏は18日、朝鮮半島で軍事衝突が起きる確率は20~25%だとの見解を示した

タグ
中央情報局, 北朝鮮, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント