14:14 2018年01月17日
東京+ 8°C
モスクワ-8°C
    長距離対艦ミサイル(LRASM)

    米海軍、新型巡航ミサイルを実験

    © 写真: YouTube/Nautical PappyStu
    米国
    短縮 URL
    0 42

    米ロッキードマーチンと米海軍は長距離対艦ミサイル(LRASM)の実験に成功した。UPIが報じた。

    スプートニク日本

    米カリフォルニア州で行われたテストでは、米空軍の爆撃機「B-1B」から「複数の海上の標的」に対して2発のLRASMが発射された。

    ロッキードマーチンのLRASMプログラムディレクター、デビッド・ヘルセル氏は「飛行が成功し、我々の海上コントロールを強めるLRASMの継続的な性能を示した」と指摘した。

    LRASMの飛行距離は900キロ以上で、現行の「ハープーン」より3倍大きいことになる。

    新型ミサイル1発で、排水量9000トンの敵艦を破壊可能。電子戦争で用いられる予定だ。

    関連ニュース

    米戦闘機に新世代ミサイル搭載へ

    タグ
    飛行機, 武器・兵器, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント