17:38 2018年11月20日
米紙「出産にとって先進世界で最も危険な国は米」

米紙「出産にとって先進世界で最も危険な国は米」

© Flickr / Teza Harinaivo Ramiandrisoa
米国
短縮 URL
151

米国が現在、出産にとって先進世界で最も危険な国であると、USAトゥデイ紙が伝えている。病院での医療サービスの質の管理に関する複数の文書を同紙が入手した。

スプートニク日本

数百件の事故に関する研究されたデータによると、毎年5万人を超える妊産婦が深刻な外傷を負い、およそ700人の母親が死亡している。

記事では、「最も正確な評価によると、もし仮に女性らに対して時宜にかなった支援を与えていれば、死亡例の半数は未然に防ぐことが可能で、外傷例の半数は発生を許さないことが可能だった」と述べられている。

同紙は、「米国は、自国が急速に後退しつつある間に、他の国々が前に進んでいくのを見続けている。この国は今日、出産にとって先進世界で最も危険な場所だ」との結論を下している。

関連ニュース

人類史上初 性転換による女性 妊娠も経ずに授乳

タグ
医学, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント