04:54 2018年11月16日
ベン・ホッジス退役中将(アーカイブ写真)

米退役中将、15年後の米中戦争開戦の可能性を認める

© Sputnik / Alexandr Maksimenko
米国
短縮 URL
0 03

米欧州陸軍の司令官を務めていたベン・ホッジス退役中将が、15年後に中国との戦争が開始される可能性は非常に高いと、ワルシャワ安全保障フォーラムで述べた。サウスチャイナ・モーニング・ポスト紙が伝えている。

スプートニク日本

ホッジス退役中将は欧州に対し、米国が太平洋における自国の利益を守ることにさらに多くの注意を集中させる必要が今後生じることから、復活したロシアを前にして自分たち自身の防衛を確実にするため、より多くのことを行うよう呼びかけた。

核戦争
© Fotolia / Twindesigner
また、「欧州による非常に強固な支柱を米国は必要としている。不可避ではないが、15年後に我々が中国との戦争状態になる公算は非常に大きいと私は思う」と述べた。

さらに、ホッジス退役中将は、地政学的な優先課題の転換にもかかわらず、北大西洋条約機構(NATO)に対する米国の関与は依然として「揺るがない」ままだと付け加えた。

先に、近いうちに米国が大規模な戦争に参戦するだろうと米兵らが予想していると、現役兵士を対象とした匿名のアンケート調査をもとにミリタリー・タイムズ紙が伝えた。

関連ニュース・記事

タグ
軍事, びっくり, 戦争・紛争・対立・外交, NATO, 中国, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント