01:13 2018年12月19日
マスク氏(アーカイブ写真)

NASAがイーロン・マスク氏の大麻喫煙でボーイングとスペースXを検査へ

© REUTERS / Kyle Grillot
米国
短縮 URL
0 30

NASA(米航空宇宙局)は、ボーイング社とスペースX社の職場で安全規則が遵守されているか検査を行う。

スプートニク日本

NASAのウィリアム・ガーステンマイヤー代表が米紙ワシントン・ポストに語ったところによれば、検査は来年開始され、数カ月にわたる。検査では国際宇宙ステーション(ISS)に人員輸送を行う2社で「安全に影響し得る全て」を調べる。

情報筋が同紙に伝えるところ、NASAが検査の必要性を感じたのは、スペースX社のイーロン・マスクCEOの言動に起因する。先に、マスク氏はテレビ司会者ジョー・ローガン氏との対談中にマリファナを喫煙。その後、ウイスキーのオンザロックを飲み、アルコールもまた、一種の麻薬だとコメントした。この言動からNASA上層部は、スペースX社の職場が行動規範を遵守しているか評価する必要性を感じた。

ワシントン・ポスト紙の情報筋はまた、ボーイング社でも検査が決まったと伝えた。

NASAのガーステンマイヤー代表は、検査により、麻薬の使用禁止の遵守を含め、「両企業が職場の安全に対するNASAの基準を満たしている」か確認できると述べた。

関連ニュース

タグ
びっくり, NASA, イーロン・マスク, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント