06:52 2019年12月12日
トランプ大統領

トランプ氏、イラン攻撃10分前に指令を撤回と明らかに

© AP Photo / Evan Vucci
米国
短縮 URL
280
でフォローする

トランプ米大統領はツイッターで、イランに対する攻撃を命じていたが、予定時刻の10分前に指令を撤回したと明らかにした。イランによる米海軍のドローン撃墜をめぐる情勢についてのコメントだ。

スプートニク日本

攻撃中止の理由は、米国の攻撃により150人が犠牲になる可能性があり、ドローン撃墜に対する対応としては適当ではないからだという。

トランプ氏は、イランに関しては「急いでいない」と続けた。そのうえで、20日、イランに対して追加制裁が発動されたとしている。

トランプ氏は、20日に発動したという追加制裁について説明していない。米財務省と米国国務省は20、21日、イランに対する新たな制裁を発表していない。

​イランのイスラム革命防衛隊の空軍は先に、撃墜10分前に米国のドローンに警告信号を送ったと発表した。

​6月20日、イランの空域を侵犯した米国の無人航空機「グローバル・ホーク」は、ホルモズガーン州でイスラム革命防衛隊空軍によって撃墜されたと報じられた。

関連ニュース

タグ
アメリカ軍, イラン, 軍事, ミサイル, ドナルド・トランプ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント