13:43 2020年07月16日
米国
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

ボーイング社のデニース・ミュレンバーグCEOが退任し、1月13日からデビッド・カルホーン氏が後任を引き継ぐこととなった。23日、同社が明らかにした。

ボーイング社はリリースを発表し、「ボーイング社は本日、取締役会が現在の会長であるデビッド・カルホーン氏をCEOに任命し、2020年1月13日から任務にあたってもらうことを確認した」ことを明らかにした。

また、「同社はデニース・ミュレンバーグ氏は退任することとなり、その決定は速やかに実行された」と表明した。

ボーイング社は、現在、深刻なシステム危機に陥っている。数百人の犠牲者を出したボーイング737 MAX機による2度の事故によって多くの航空外会社との契約が破棄され、同社の有望な航空機開発でビジネスプランの再検討が必要となっている。さらに同社開発の宇宙船「スターライナー」号の新たな問題が発生した。

関連記事

タグ
飛行機, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント