09:48 2020年11月25日
米国
短縮 URL
2020年米国大統領選挙 (170)
0 03
でフォローする

米国のマスコミの予測において、大統領選を制すると見られる民主党のジョセフ・バイデン氏は、トランプ大統領が導入した制裁のうち、何を維持し、何を緩和するのかを見極めなければならない。政治家たちは今のところ、これに関する計画について明らかにしていない。11日にウォール・ストリート・ジャーナル紙に掲載された記事ではこのような見解が示された。

記事では、バイデン氏が大統領になったとき、外交政策において決断を迫られる深刻な問題の一つが、米国の競争国に対抗するためにトランプ大統領が利用していた主な手段であった数々の経済制裁をどうするのかということだと指摘されている。記事によれば、トランプ大統領は3,500以上の個人、法人に制限を導入した。

また記事では、バイデン氏が大統領になったとき、影響力を維持するものとしてどの制裁を継続するか、この措置を緩和することで相手側からどのような譲歩を引き出せるのか、また外交における普遍的な手段として経済的圧力というやり方を用いてきたトランプ大統領からどのような教訓を得ることができるのかを決定することになると記されている。一方、バイデン氏陣営の代表は、正式に大統領に就任した後、制裁をどのように対処するのかという問題については言明を避けたとされている。

ウォール・ストリート・ジャーナル紙では、バラク・オバマ氏が第44代大統領を務めたときに副大統領だったバイデン氏が、イランを交渉の席に着かせるために制裁の発動を支持していたこと、またバイデン氏の複数の顧問が米国議会に対し、米国の選挙にロシアを介入させないためには西側からの厳しい制裁の脅威を与えることが有効的だと提言していたことなどが指摘されている。


米国の大統領選挙は11月3日に実施された。主要な米国のマスコミは、バイデン氏が勝利のために必要な270人以上の選挙人を獲得したと報じており、バイデン氏はすでに勝利宣言を行っている。一方、2期目を狙うトランプ大統領は敗北を認めておらず、民主党が投票で多くの不正を行ったとして、票の再集計を求めて訴訟を行うかまえを見せている。

関連ニュース

トピック
2020年米国大統領選挙 (170)
タグ
制裁
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント