15:05 2021年09月25日
米国
短縮 URL
0 01
でフォローする

トランプ氏主導によるOracle社およびWalmart社に対する米国のTikTokセグメントの強制的な売却取引が無期限停止となる。その理由は、バイデン新政権が企業側からの潜在的な脅威を再度評価したことにある。ウォール・ストリート・ジャーナルが報じた。

報道によれば、米国のバイデン政権は、米国ユーザーのデータをTikTokが収集することによる情報セキュリティーに関する潜在的脅威の評価と独自調査の実施を決定した。

2020年に当時のトランプ大統領は、将来的に米国アプリのセグメントを販売するためにTikTokを禁止することを決定した。トランプ氏は自身の決定について、このサービスは、同氏によれば、米国人の個人情報を中国当局に提供しており、そのことを危ぐしていると説明した。

TikTokは裁判を通じて販売に関する要望について訴えようと試みたが、そのことから米国でのアプリのブロックが再三延長されることとなった。

関連ニュース

タグ
TikTok, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント