23:31 2021年09月20日
米国
短縮 URL
アフガニスタンのタリバン情勢 (145)
0 13
でフォローする

アフガニスタンのカブール空港付近で26日、2度目の爆破が起きたという情報について、米国防総省のウィリアム・タイラー報道官は27日のブリーフィングで、その確認が未だにできていないことを明らかにした。

「今、はっきり言えるのは、我々としては2度目の、バロン・ホテル付近での爆発はなかったと考えているということだ。爆発は1回で、自爆犯によるものだった(空港ゲート付近)」タイラー報道官は、不正確な情報が入ったのはおそらく、事態が急速に進展するという困難な状況が原因と推測しながらも、米国防総省としては訂正し、詳細の確認は必要不可欠と考えていると強調した。

26日、カブール空港付近で2度の爆発が発生と報じられた。1度目の爆発は自爆テロ犯の犯行によるもので、2度目の爆発は爆破物を積載した自動車によるもの。2度目の爆発は外国人が多く集まっていたバロン・ホテル付近だったとされている。両方の爆発について、すでに「ダーイシュ(ISIS、イスラム国)」から犯行声明が出されている。2度の爆発による死者数は110人は下らず、米軍兵士も13人が死亡した。負傷者は1000人を超えている。

関連ニュース

トピック
アフガニスタンのタリバン情勢 (145)
タグ
米国, 米国防総省・ペンタゴン, アフガニスタン, テロ, テロ事件
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント