10:44 2018年01月23日
東京+ 2°C
モスクワ-12°C
    ミネワンカ湖 カナダのアルバータ州で

    第二次世界大戦時に湖底へ沈んだゴーストタウン【写真・動画】

    © Fotolia/ Alain
    国際
    短縮 URL
    0 10

    カナディアン・ロッキーの高地にひっそりと佇む美しいミネワンカ湖は、ボートツアーや釣り好きには人気の観光地とされる。だが、この淡青な真珠色の湖の下に隠されたものを知っているのは、大胆なダイバーだけだ。

    スプートニク日本

    19世紀末、小さなミネワンカ湖の畔に当時としては贅沢なスキーリゾートが作られた。山頂の雪に囲まれた豪華なホテルやレストラン、快適なコテージ、居心地の良い山小屋は、多くの冬季観光客を惹きつけた。夏場はマス釣りを静かに楽しむ人々が訪れたため、シーズンオフで閑散とすることはなかった。

    リゾート地は時と共に小規模都市へと成長し、そのまま半世紀以上が経過した。だが、この魅力的なリゾート都市の平和で幸せな生活は、第二次世界大戦によって破壊された。カルガリー市の発電会社が軍需用の発電能力拡大にあたり、新たなダム群を建設する政府許可を受けたのだ。

    ミネワンカ湖 カナダのアルバータ州で
    © Fotolia/ Oltrelautostrada
    ミネワンカ湖 カナダのアルバータ州で

    その結果、ミネワンカ湖の水面は30m上昇し、豪華な観光リゾート地は湖の底へと沈んでいった。今日では湖底深くに眠るゴーストタウンの眺めは、恐れを知らないダイバーや好奇心旺盛な魚だけが楽しむことができる。

    1 / 3
    部分的に残った公示書の断片。絵が描かれている。

    関連のニュース

    世界で一番恐ろしい場所とは?

    悪霊はどこに潜んでいるのか? 写真で見る、バリ島の山間にある廃墟と化した巨大ホテル 【写真】

    タグ
    写真, 歴史, カナダ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント