16:36 2018年12月13日
ロシア当事者和解調整センターの人道支援活動

露軍、ダマスカスで人道支援を実施 障害者に必需品を提供

© Sputnik / Mikhail Alaeddin
国際
短縮 URL
1161

ロシア当事者和解調整センター(Russian Reconciliation Center for Syria)がシリアの首都ダマスクスで人道支援を実施した。障害を負った子供や内戦で負傷したシリア軍兵士に車椅子、食糧、防寒具などが支給された。同センター長のウラジーミル・サフチェンコ中将が明らかにした。

スプートニク日本

サフチェンコ中将は「われわれは当事者和解調整センターのもとで、(ダマスクスの)内戦で障害を負った者たちに対し人道支援を実施した。人道支援活動では、同地域における内戦で障害を負った子供や軍事活動に参加した兵士に対し、無償で車椅子、防寒具、生活必需品などを支給した」と発表した。

当事者和解センターによると、ロシアはシリア国民に対し、これまでに3100トン以上の食糧、生活必需品、医薬品等を無償で提供している。

関連ニュース

シリア 有志連合が白リン弾でデリゾールを空爆 シリア国営SANA通信

ナショナル・インタレスト誌、シリアにおける米国の失敗について語る

タグ
戦争・紛争・対立・外交, 人道支援, シリア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント